読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対人賠償保険とは?

マユライズで薄い眉毛
四輪を保有するにあたって、必ず加入させられるのが強制保険である自賠責保険です。この自賠責保険は、対人賠償保険(人身事故であれね、どんな相手との事故でも補償されるわけではないので注意が必要でしょう)です。対人賠償保険(人身事故であれね、どんな相手との事故でも補償されるわけではないので注意が必要でしょう)とは、交通事故(最近では、自動車と歩行者の交通事故だけでなく、自転車と歩行者の事故が多発し、問題になっています)により、歩行者や相手の車両の運転手、搭乗者などに怪我させてしまったり、死亡させてしまった際に、賠償金を補填する目的でお金が支払われる保険です。万が一、相手を死亡させてしまった際、それが大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)数だとしても自賠責保険では、上限が3000万円しか支払われません。これでは、場合によっては億単位で請求されることもある賠償金を賄うことができず、不足分は自腹で支払わなければならなくなるでしょう。それを補う目的で、任意保険(事故率や盗難率が高いと思われる年齢層や車種の場合には、支払う保険料が高くなります)でも対人賠償保険(補償されるのはあくまでも他人との人身事故を起こしたケースなので、家族との事故は補償外になってしまいます)が用意されているのです。任意保険(強制保険に対して、加入者の自由意思によって加入する自動車保険をいいますね)では、補償額によっては保険料が変わる仕組みになっていますから、保険の掛金さえ多く支払えば、補償の多い保険に加入することも可能です。ただ、対人賠償保険(自動車を運転していて、人身事故を起こし、相手が怪我したり、死亡してしまった場合の損害を補償するための保険です)は、あくまでも対人で補償される保険ですので、怪我の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)代や損害賠償にしか対応していありません。相手の車や電柱、民家やガードレールと言う対物には対応していませんので、それらの補償を得るためには、別途、対物補償の保険にも加入する必要があります。対人賠償保険(人身事故であれね、どんな相手との事故でも補償されるわけではないので注意が必要でしょう)では、事故が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の相手の怪我の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)代(入院費や通院の交通費も含む)や損害賠償金(仕事を休んだりして得られなかった収入の補償や慰謝料)、後遺症が残った場合の慰謝料や損害賠償金、死亡させてしまった場合の葬儀代などの実費を含んだ慰謝料や損害賠償金が、掛金や相手の状況によっては支払われることになりますね